石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 19日

ナンバンアカアズキ

随分以前にある人から種子を貰って蒔いたナンバンアカアズキが3年程前からこの時期花を咲かせるようになった。莢をつけるのだが、成熟するまでに台風の影響で枝ごと折れたりして、最初の年は種子が熟さなかった。二本のうち、一本は根元から倒れてしまい、それでも昨年は莢が熟し、赤い美しい種子が収穫できた。
和名では、「小豆」という名が付けられているが、潅木になるマメ科の植物でアズキやササゲのような草本ではない。和名の似ていて種子が赤と黒のツートンカラーのトウアズキは、つる性だが多年生で、我が家のものは10年以上も育っている。
c0023181_23503724.jpg

写真はナンバンアカアズキの花。樹高5,6メートルになる。いや、場所によってはもっと高くなるのだろうが、枝が折れやすく石垣島では台風の影響でそんなものかな。
c0023181_23545930.jpg

莢は熟すと茶色く枯れ、縫合線から裂けて螺旋状にまるまる。種子は朱漆を塗ったような光沢があり美しい。このナンバンアカアズキもトウアズキも昔からナチュラルビーズとして使われてきた。この美しさを目にしたら、誰でも身に付けたいと思うだろう。
沢山植えたい木だが、あれもこれも植えたい木があって狭い畑は満員になっている。
はじめはインド藍を植えていた畑だったが、いつしか果樹類が成長して木陰を作るようになり、琉球藍に切り替えた。その間、バオバブやらタマリンドも増え、現在、モダマもあるので数年後には、畑ではなく森になってしまう。
まあ、その時々の変化を楽しめばいい。

by modama | 2013-06-19 00:09 | Comments(3)
Commented by Ohrwurm at 2013-06-19 21:47 x
ナンバンアカアズキは見たことありませんけど、modamaさんの家のお庭にしか無いのでしょうか?それにしても、お庭にいろいろな植物があるのは楽しそうですね。
Commented by modama at 2013-06-21 10:29 x
石垣島でも、まだ、少ないのではないでしょうか。インドネシアでは並木として植えられているようです。子供たちが拾い集めてアルバイトにしていたりするそうです。微々たる報酬ですが、それでも、働けば幾ばくかのお金になる木は「恵」です。ホルトノキ科のジュズボダイジュの実も数珠として使用さますので、有用樹です。日本で言えばイチョウの実(ギンナン)なんかも、食べられるので有用ですが、実が臭いとか苦情も多いようですね。
何であれ、実の成る木は生長が楽しみです。
Commented by modama at 2013-06-21 10:38 x
そお言えば、街路樹のナギの木もキオビエダジャクに食べられていました。イヌマキ程ではないですが・・・
面白いことに、葉が食べられる木とあまり食べられない木がありました。何の差なのかしら。


<< モダマを追って旅するアジア 5-1      パパイア日和 >>