石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 28日

ナンテンカズラ

27日の午前中、観察会があってアンパルへ向かう途中、名蔵湾沿いの県道で見事に咲き誇っている
ナンテンカズラがあったので、車を止めて写真を撮った。
アンパル干潟では、まだ、蕾だがここのは2月だというのに花盛りだ。
テトラポットの隙間に漂着した種子が成長しているのは、数年前から知っていたが、
今度は、この株が種子を送り出すまでになった。
だが、テトラポットの手前には、コンクリートの護岸があって、次はアスファルトの県道、これから先、陸には上がれそうにない。
人が作った防御壁は、自然の営みを阻害する。
かと言って、漂着植物がどんどん内陸部に進出するかと云えば、そうではない。
ただ、「可能性」の芽生えなのだ。
結果は、数千年、数万年後にどうなっているか、・・・知る人もいない。
しかし、無ければ、はじめから「可能性」もゼロということだ。
繰り返し、繰り返し、渚に波が打ち寄せるように「命」が芽生え、消えていく。
その繰り返しの中で、たまたま、「命」が繋がり、今の風景があり、島の植生がある。
黄色い泡が渚に咲いた。
c0023181_232458.jpg

観察会の集合場所に行くと35名程の参加者が集まっていた。
今回の担当講師の先生と前もって、コースの選定をして、できるだけ干潟の奥へは入らないようにした。
これだけの人数で干潟を歩きまわると、渡りで来た鳥たちを驚かすし、マングロープの根を踏み荒らすことになる。と云っても、人が入れば、必ず根の皮がはがれたりする。
そこは、自然の回復力に頼るしかない。
今回は、マングロープ林背後地にあるミミモチシダの群落も避け、
かつて田圃であった現在の湿地に僅か自生する個体を見ることにした。
草深い湿地で、みんながぐるりと取り巻いて、ミミモチシタを観察した。
c0023181_2321037.jpg


by modama | 2014-02-28 23:23


<< 魔法をかけられたマメの花      Mucuna nigricans >>