石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 15日

貝や種子を使ったゲーム

東南アジアでモダマを探して旅していると、行く先々の宿泊施設や立ち寄った店で目にする木製の置物がある。
はじめのうちは単なる器としか思っていなかったが、基本的な構成が共通することから「何かに使う物」だろうと考えるようになった。
木材に12個の窪みが彫られ、左右両端は大きめで、その間の上下に5×2=10個の窪みがある。
そして、窪みには種子や貝が入っている。
これはインドネシア・ジャワ島の物、側面に模様が彫られ美しい。宿泊施設にあった。
c0023181_10014450.jpg
フィリピン・ブスアンガ島の店で見たもの。
c0023181_10265817.jpg
スリランカ・キャンデーにあったもの。
ここのは上下が7×2になっている。
c0023181_10274850.jpg
この形を見て、ゲームを連想した。
そこで、聞いてみたら「そうだ」といっていたが、使い方については詳しく聞き取れなかった。
もともとは、算盤のようなものだったのだろうか。
もし、分かる人がいたら教えてください。


by modama | 2015-04-15 10:31


<< ボルネオ便り3      爽やかな朝に気づいた部屋の外で... >>