石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 21日

Abutilon indicum タカサゴイチビ

植物に関する知識は薄く、樹木は知っているが草本はよく分からない。
植物にしろ昆虫にしろ知らない種を検索するのは難しい。
鳩間島で見かけた花を調べようとしたが何となく「アオイ科」かな・・・
?とは思ったが
写真の載った沖縄植物図鑑には無かった。
それでスリランカで買った「
Illustrated field guide to flowers of Sri Lanka」で似ている花はないか眼を通した。
この図鑑は花の色別に記載されている。はじめはあまり科学的ではないと思っていたが、
似た花が載っていて
Abutilon indicumとあった。
「そうか、こういう手がかりから検索するのも便利だな」と改めて思った。
しかし、花弁の形が少し違う。
そこで、琉球植物誌で検索すると「タカサゴイチビ」
Abutilon indicumが該当した。
今度は
ITで和名を入力して検索してみた。
すると沖縄と与那国の本種の写真がヒットした。これで間違いないだろう。

しかし、ひとつ疑問に思うことはスリランカの花弁と鳩間島の花弁の形が違うことである。
鳩間島の花弁の形は近縁な
Abutilon hirtumに似ている。

この種は熱帯に広く分布する種なので分布を拡散するうちに二種間で交雑が起こっているのかも知れない。
DNAを使って詳しく解析する必要があるだろう。しかし、私にはその術が無い。

c0023181_10295182.jpg

c0023181_10302661.jpg

c0023181_10372076.jpg



by modama | 2015-09-21 10:31 | Comments(2)
Commented by ゲンタくんのパパ at 2015-09-28 11:42 x
う~ん、こんな花ありましたっけ?

もはや自分が採った虫でさえ覚えていないので

なんとも言えないんですが・・・

台風、いやですね・・・
Commented by modama at 2015-09-28 12:45
私も石垣島ではまだ見ていません。アオイ科ですからオオハマボウやサキシマハマボウに少し近い仲間です。
おそらく海流散布なのだと思います。
スリランカと八重山ではあまりにも離れているので、これまでいろいろな島を経由して拡散されたのでしょう。
和名からして台湾にも分布します。

今回の台風は電気と電話が繋がっているので少し助かります。
後片付けを考えるとぞっとします。


<< モダマ調査でお世話になった方々      鳩間島のヤシガニ >>