<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 22日

リュウキュウアイ

以前、遺跡調査に出かける時、集合場所である離島ターミナルへ行くと、
沖縄から来られた宮城さんが待っていた。
宮城さんは元石垣島気象台の職員で、今は退職して沖縄に居られる。
話をしていたら
「リュウキュウアイが沢山あるんだけど貰ってくれる」と言うものだから
「はい、はい」と二つ返事で答えた。
しばらくして、届いたアイの葉で沈殿藍を造り、茎を挿し木した。
ひと月以上たったので、挿し床から畑へ移植した。

工房では、染色に植物の葉を煮出して使うので染液を取った後の葉を堆肥にしている。
シーカーサーの根元にただ捨てているだけだけど、下の方から腐っていく。
上の方は、まだ葉そのものだが、これを藍の畑に撒いた。
来年からは、リュウキュウアイの生葉染ができそうだ。
宮城さん、ありがとう。
c0023181_1221175.jpg


by modama | 2008-11-22 12:21 | Comments(0)
2008年 11月 19日

ヒカマの莢

そう、そう、ヒカマでした。
今、莢が大きくなりはじめています。
Mさん、タネが実ったら連絡します。
それまで待っててね。
10月に沖縄の宮城さんから送られて来たリュウキュウアイを挿し木しておいたところ
根か゛出始めたので、今日、植え替えました。
宮城さんありがとう。
c0023181_191924100.jpg


by modama | 2008-11-19 19:19 | Comments(0)
2008年 11月 05日

・・・?・・・忘れた草・・・?

最近、物忘れが激しくて・・・
以前、植物の作用を調べていて、他の植物や害虫を寄せ付けない作用(その名称も忘れた)
を有するマメ科植物でイモのなる野菜・・・
(何だか変な話なので記憶から消えてしまったのか・・・)
が、中南米で古くから栽培されていて、
興味を持ち、いろいろ調べてタネのありかを突き止め、注文して取り寄せた。
家の庭に蒔いて育ててきたら花が咲いてマメが稔りはじめた。
しかし、この野菜、マメが食べられるのではなく地下にできるイモが食べられる。
やがて、タネを保存して、イモを試食してみようかと思っているが、
未だに名前が思い出せない。
私の記憶には「マメイモ」or「イモマメ」などと勝手な名前がインプットされていて、
正式な学名、和名(これはあるかどうか分らないけど)が思い出せない。
タネを注文した先に問い合わせればよいのだが、それも思い出せない。
確か、宮古の伊良部島で個人が栽培していたような気がする。
人の記憶は失われても植物は育っているので、いつか、イモを収穫して食べてみたい。
う、う、うううん・・・・・もどかしい。
もし、誰か、中南米原産でイモを食べるマメ科植物を知っていたら教えてください。
c0023181_1729073.jpg


by modama | 2008-11-05 17:29 | Comments(0)