石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 25日

海辺の木が語ること

人は例え身近な風景と言えども、30数年間の変化を記憶しているだろうか。
街中であれば、空き地に家が建ったり、お店が替わったり、道路が拡張され
交通量が増えたり、目安があって覚え易い。
しかし、海岸の景色は、砂浜と周辺の緑、それに海しか無く、
「昔も今も変わらない」と思えてしまう。
護岸が出来たり、テトラポットが置かれれば話は別である。

私の家の近くのピゲカケ浜は、以前、集落の人以外はほとんど人が訪れることなく
美しい浜だった。最近では街からも車で人が来るし、時々、レンタカーも止まって
人が増えた。西側のピュースタ川河口には、宿泊施設も出来、
水上オートバイやカヌーも見られるようになった。
砂浜に打ち上げられる漂着物もプラスチック浮や発泡スチロール、
それにペットボトル、漁具など様々なものが増えた。
そお言う意味では変化は明らかである。

ところが、数年前から思わぬ変化に気づきはじめた。

砂浜の砂が減り続けているのだ。
海岸線は波や潮流の関係で変化し易い環境であることは理解している。
それにしても・・・

どれだけ砂が減ったかを物語ってくれる一本の木がある。
はじめに気づいたのは20数年前で、高さ2メートル程だった。
樹種はモクマオウで、海岸の防風林などに良く植えられ、
種子も渚に漂着する。めずらしい木ではない。
しかし、砂浜で成長し続けることは少ない。
漂着種子が芽生えて、多くの苗が潮の影響で枯れていったなか、
たまたま生き残ったようだ。

高さが10メートル近くに成長すると、かっこうの木陰樹になった。
その下で海を眺めると清清しい。
家族連れは、決まってその下で弁当を開き、そのおこぼれを与りに、
多くのオカヤドカリも住み着いていた。
根がむき出しになった奥は、ヤドカリの格好の棲家でもある。

ところが年々、根はむき出しを増し、止まることがなかった。
日々の変化は微々たるもので、気づくことは無い。
時々、台風接近の時化と大潮とが重なり、目に見えて砂の流出することはある。
それでも、打ち上げ砂やサンゴで元に戻ったり、変化を繰り返していた。
この20数年は、減る一方なのだ。
ついには普段でも満潮時に波が木の根元を洗うようになった。
そして木は枯れた。
枯れてもなを立っている限り、砂浜の変化を立証し続けていた。
が、今年、ついに朽ち果ててしまった。
c0023181_14491827.jpg

写真の漂着物の位置や、砂の濡れ具合で現在の水準が分かる。
以前、種子が発芽し、苗が生育していた時は、砂浜が約1メートルほど
高かったことが根のむき出し状態で推測できる。2010年11月
c0023181_1454516.jpg

時には、一度で急激に砂が失われることもある。2011年1月
この砂流出の現象はピゲカケ浜に限ったことではなく、
ヤマバレーの浜でも起きていた。
c0023181_1502457.jpg

c0023181_1504842.jpg

岩の色の違いで砂の流出が分かる。
約1メートルあまりの砂が海へ流れ出たことになる。
c0023181_1533652.jpg

c0023181_154524.jpg

立ち木が無くなって、岩の色変化が分からなくなれば、
また、いつものような「昔変わらぬ美しい浜」に思われるだろう。
これからも見守っていきたい。

by modama | 2012-09-25 13:05 | Comments(0)
2012年 09月 11日

マヤプシギの花が咲いた

今日は午前中、撮りこぼしの写真を撮りにアンパルへ行った。
車の中で「そお言えば、マヤプシギの花が咲いたかも」と思い出す。
一週間程前、北島さんと行った時、蕾を着けているのを知った。
「一週間ぐらいしたら咲きそうだね」と話した。
朝の干潮だから、先に見てから用事の写真は撮ろうと寄ってみた。
ずばり的中、昨晩咲いた花と開きかけの蕾があった。
夜咲く花だから、朝だとこんなタイミングなのだろう。

家に帰ってから北島さんに「花咲いたよ」ってメールしたら、
「僕も今日見てきました」「あの足跡がそうだったのですね」
マングロープ林のぬかるみを歩いて行くものだから、証拠が残る。

マヤプシギは、八重山が北限で、西表島と小浜島、石垣島にしかない。
石垣島には、四本だけがあって、三本がアンパルにある。
今年、その一本が花を着けた。

本等は、夜咲いているのを見たいけど、マングロープ林の迷路の中なので、
たぶん行き着けないだろう。
アンパルでは三本しかないから、そっとしておこう。

そこ以外のもう一本は、道路に近い別な場所にある。
いつか、そこの木の花が咲いたら夜見に行こう。
何年後だろうか。
c0023181_2331244.jpg


by modama | 2012-09-11 23:03 | Comments(0)
2012年 09月 03日

カラスのお遊び?

この大潮の間、アンパルの干潟とマングロープ林を
動植物の写真を撮るため毎日歩いている。
これまでにも数え切れない程、歩いているけど、
行くたびに知らない生き物や発見がある。
今回も不思議な光景に出会った。
マングロープ林内の細い水路を歩いていたら、
横たわる枯れ木の上に、オヒルギの花や葉、それにヤエヤマヒルギの実が
まるで、人が並べたように乗っていた。
「まさか、人の悪戯ではないよね」
すると、どうして並べられているのでしょう。
「落ちてきて、たまたま木の上に乗ったの」
「潮が満ちている時、流れ着いたの」
それにしても、一本の木の上にそんな偶然が重なるだろうか。
c0023181_23104233.jpg

すると生き物の仕業?
石垣島にはサルが居ないから、鳥?
鳥だとすると有力候補はカラスかな?
でも、何で・・・
何で、何で・・・なんで・・・
考えても分からない、何となく遊びで・・・かな?
そお言えば、子供の頃、「何々屋さんごっこ」とか「おままごと」なんかしたよね。
そんな感覚なのかな。
オヒルギの花は、赤いウインナーソーセイジに片側切れ込みを入て焼いた
タコウインナー。葉っぱはさつま揚げ、ヤエヤマヒルギの実はキュウリ。
「いらっしゃい、いらっしゃい。お弁当のおかずにどうですか」
人の居ないヒルギ林の中でそんなことカラスがしてたのかしら・・・
それにしてもお店ほったらかして、どうしたの。
たまたま、人の気配がしたので逃げたのかな。
ごめん、ごめん。
c0023181_23275661.jpg

それにしても、赤い花、黄色い葉っぱ、ヒルギの実の緑、
なかなか品揃えがいいですね。
並べて眺めてみるだけでも楽しそう。

by modama | 2012-09-03 23:35 | Comments(0)