石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 29日

ホタルの死に場所

石垣島では、毎年、10月になるとオオシママドボタルが光り始める。
そして、その頃から、ミイニシと呼ばれる北風も吹き始める。
秋から冬の1月頃まで成虫が光るこのホタルは、群れて飛ぶことも無く寂しげなホタルだ。

今年は、台風の襲来で10月には一度、島の木々の葉が落ちた。
そのせいで、いかにも秋の訪れを感じさせる。

そんななか、いつものように姿を見せ始めた。
c0023181_1131639.jpg

このホタル、昼も夜も活動する。
飛び方は不器用で、赤い腹を反らして、黒い前翅をひろげゆっくりと舞う。
風の強い時などは、あらぬ方向へ飛ばされる。
何とも頼りない。
c0023181_1192453.jpg
私の家の庭にも飛んでおり、季節には日常的に見ることができる。
昨年は、某テレビ局の旅番組で、庭のホタルを撮影して行った。
もちろん、夜だから、人の家の庭だとは分からない。
乗りつけられたワゴン車からゾロゾロっと多くの人が降りてきて、
ディレクターが挨拶すると、旅する主人公のイラストレーターとキャスターが
暗闇で「こんな所にホタルがいる」などとしらじらしく話して、
少しだけライトを照らし、後は闇を飛ぶホタルの光を撮って、
さっと引き上げて行った。
ものの一時間ほどだっただろうか。
c0023181_11254392.jpg
毎年、このホタルとは身近に接しているが、いつも不思議に思うことがある。
昼となく夜となく、よく私の部屋に飛んで来るのだ。
私がタバコを吸うせいもあって、部屋の入り口と窓はいつも開けてある。
こうやってパソコンの前に座っている時でも、ツーっと飛んで入って来ることがある。
べつに、とりたてて外に出してやることもなく、そのままにしておく。
(その理由のひとつは、ホタルは摘むと翅から白い液を出して死んだふりをする)
こともあるし、いちいち止まる場所を見届けて席を立つのもめんどくさい。
もちろん、留守の時や知らない間に入って来るものもいる。

それらが夜になって寝る時、電灯を消すと光って飛びはじめる。
床の中で見上げながら眠りにつく。
多い時には三匹ほどが同時に飛ぶこともある。
もちろん、寝る時は入り口は閉まっているので、昼間か夜に入っていたものだろう。
壁に止まって光るものもいれば、狭い部屋の中をゆっくり旋回するものもいる。
時には、螺旋状にめまぐるしく回転して飛ぶものもいる。
その飛び方は、日常野外ではあまり見ない。
狂おしい光の光跡は、死の舞とも思える。

そんなことが有る無しに関わらず、日中、部屋の床にはホタルの屍骸が落ちている。
まだ、生きてはいるが動きの鈍いものがいたりもする。
それらもやがては死ぬ。
そんなことがあって、この季節になると私の部屋はホタルの死に場所となる。
ホタルの寿命は短い。いつかは何処かで死ぬはずだ。
でも「何故、こうも多くのホタルが私の部屋で死ぬのだろうか」と不思議に思う。
c0023181_1275012.jpg

この写真は、5月に別の種類のヤエヤマボタルを撮ったものだ。
この年、ホタルの写真撮りに夢中になって1ケ月間毎日撮影に山へ出かけた。
オオシママドボタルが人里に生息するのに対して、このホタルは山で群生する。
光方も点滅して躍動感がある。
c0023181_12151570.jpg

c0023181_1235852.jpg

それにしても、この年、この場所では大発生しており、
山の斜面がうねるように光っていた。
ひとつひとつの命が、光となって飛び回っていた。
大きさ5mm程の命だ。
ひと月の間、山の斜面を埋めた光は それぞれ短い寿命であるから、
羽化しては飛び立ち、そして死に、羽化しては死にを繰り返していたのであろう。c0023181_12241040.jpg
夜の森で光は見えるが死は見えない。
5mm程の命は、林床へ無数に落ちていったに違いないが、
それを見ることはない。
ただ、ただ、光だけが、光る命だけが人の目に見える。
それに対し、我が家の庭のホタルは私の部屋を死に場所としている。
c0023181_12325011.jpg


by modama | 2012-10-29 12:35 | Comments(4)
2012年 10月 23日

流木となって旅立ちました

石垣島ピゲカゲ浜の海岸線で数十年前、芽生え、その後、成長しつづけ、
やがて砂の流出で枯れた木が長らく立ち続けていましたが、
朽ち果て倒れてしまった事を以前書き込みました。
その木が、先日の台風17号で流され、跡形もなくなりました。
c0023181_13532945.jpg

無ければ無いで一枚の海岸風景の写真ですが、
有ったことを知る者としては一抹の寂しさがあります。
c0023181_13582785.jpg

今度は何処かの浜へ流木となって流れついたのでしょうか。
あるいは今だ漂流中で、洋上を漂っているのでしょうか。
c0023181_1404782.jpg

もと有った場所まで近づくと根っこの一部だけが残っていました。
木も人もそうやって生を繰り返しているのですね。

今度の台風でも大分砂の流出が目立ちます。
モンパノキやクサトベラといった海岸林の海側を構成する樹木も
沢山根をむきだしにしています。

浜辺で写真を撮りながら「ふっ」と思い出したことがあります。
以前、吉原集落の比嘉のオヤジさんが船を揚げたり、網を干して置いた場所も
今では砂が流出して跡形もありません。
息子のクニヒロとそこで酒を飲んだ思い出があります。
もう、今となっては昔話です。

by modama | 2012-10-23 14:18 | Comments(0)
2012年 10月 16日

トントンミーとガサミ

先日の大潮の日、アンパル干潟に写真を撮りに出かけました。
ドロ孔から顔を出しているトントンミー(ミナミトビハゼ)がいたので、
撮ろうとしたところ、上からでは面白くないので横からカメラを向けることにしました。
ところが、カメラにドロが着いてしまいます。
そこで、水中でも撮れるコンパクトデジカメで撮ることにしました。
このカメラ、最近、調子が悪く、すぐに赤味おびた画像になってしまいます。
まだ、使い始めて4年しかたたないのに困ったものです。
同じ機種を前にも使っていましたが、それはレンズカバー(スイッチを入ると自動で
開閉する)に砂が入り2年でダメになりました。
デジカメは消耗品ですね。
フラッシュを使わずに、目の表情をだそうといろいろ角度を変えましたが、
このカメラでは、これで精一杯です。
フラッシュで驚かさずに何枚か撮った一枚です。
でも、何だか怒ってるみたい。
ごめんね。
c0023181_2229861.jpg

次に見つけたのは、ガサミでした。
でも、ちょっとおかしい。
良く見ると動きがにぶく、甲羅も柔らかいので、脱皮したばかりのものでした。
昨夜は新月だったので、脱皮したのでしょうが、
昼の引き潮になっても甲羅が固まらないのは、何か異変があったのでしょうか。
そにしても、常々思うのですが、カニの脱皮は不思議です。
だって、あの大きな鋏が殻からぬけるのですよ。
鋏の付け根はあんなに細いのに・・・
脱皮殻を見ても、甲羅は剥がれているのに、鋏はそのままですからね。
抜けた瞬間を見てみたいものです。

でも、見てはいけない一瞬なのかしら。
不思議のままにしておきましょう・・・
c0023181_22415675.jpg
でも、見てみたい・・・

by modama | 2012-10-16 22:42 | Comments(0)
2012年 10月 04日

台風が落として行ったもの

ど、ど、どど、どーと風を吹かせ台風17号が島を去っていった。
今年は頻繁に接近する台風はあったものの、それほど影響はなかった。
でも、今度の17号は風速50m台で、かなりの被害もでた。
我が家では、収穫間近のパパイヤの木が無残にも倒れた。
ワサビノキは斜めに傾き、始末しなければならなかった。
この木は、生長が早いため風には弱い。

直接の被害は少なかったが、折れたり散ったりした枝葉の片付けが大変だ。
今でも、風と潮で痛んだ葉が、パラパラと散っている。
山の緑も少なくなった。

台風一過、その後、清清しい晴天が続いて、急に秋の気配だ。

昨日、台風以来止まっていた染色用の川の水を修理にでかけた。
途中、谷間に沢山のドングリ(オキナワウラジロガシの実)が落ちていた。
今年は豊作みたいで、いたるところに有り、すぐにズボンのポケットが
一杯になった。モダマも拾った。
ドングリは緑色をしていて、落ちるには少し早い時期、
これも台風のせいだ。

そお言えば、庭の掃除をしている時、ゴバンノアシの実が二つ共落ちていた。
これもまだ緑で少し早い。
先日花の咲いていたタシロマメも枝が随分折れたので、実が着かないだろう。

まあ、しかたないか。
c0023181_6495569.jpg


by modama | 2012-10-04 06:50 | Comments(4)