<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

ボルネオ・モダマを追って旅するアジア 6-5

Entada とMucuna の検討
今回ボルネオ・サバ州の旅では、二種類のモダマと数種のムクナに会うことができた。
帰国してから、写真とデータを整理し、既存の資料と照合して同定を試みている。
しかし、ボルネオの資料は少ない上に、地図すら正確なものが無い。
地名や要所はGPSで押さえてあるが、村などの地名は地図上では探せないのでグーグルアースにプロットするしかない。また、同定のための既存資料も不確かな感が否めない。

モダマで海抜200~677mの間で5か所見つけたものをE,borneensis としたが、その検討をした。
下写真三枚は海抜603mのはじめに見つけた自生地の花。
コタブル側の水系とトアラン側の水系が迫る尾根筋に自生地はある。近くで焼畑のための伐採が行われており、多くのツルが切られていた。
写真は一本の花穂の上側
c0023181_12455884.jpg

花穂の下側、開花してから雄蕊の色が変わる。
c0023181_1248510.jpg

花を裏側から見た写真(右下)
c0023181_12485424.jpg

E,rheedii は、葉腋から数本の花穂がでる場合があるが、この種はすべて一本だった。
下写真は石垣島産E,phaseoloides の花穂
c0023181_1372391.jpg

c0023181_138155.jpg

以下、E,borneensis と思われる種の各部位をまとめてノートにした。
c0023181_13201332.jpg

上のノートを見て、莢の形態がE,rheedii と違う事、種子形態はE,phaseoloides に近い事、
しかし、花はE,phaseoloides と比べて花穂が長く、子房の色なども異なることが分かる。
また、両種と葉の形が違うので別種であろう。
ちなみにE,borneensis の記述は「Flora Malesiana ser.Ⅰ,Vol.11(1)(1992)」にあるが、図版は無い。
アジアにおけるEntada 属の系統は、脇田、立石らがDNA解析によって制作したが、このE,borneensis は
扱われていなかった。この種を含めればアジアにおけるすべての種が含まれ、さらにE,spiralis の再検討をすれば、より完全なものに近づくと思う。

Mucuna は以下のようなものが観察された。
Nucuna は、世界で120種程記録されており、約半数がアジアに分布する。
ボルネオには、5種ほどが自生する可能性があるが、今回、確認したもので確かに同定できるのは、今のところ一種である。今後、検討を重ねたい。
M,pruriens は、いろいろな場所で自生していたが訪れた時期が、花、莢、等の時期ではなかったので、N氏
の写真を掲載する。メランカップ2013,12/14とバヤヤット2013,12/17である。
phot by nakaseko
c0023181_14474931.jpg
c0023181_14492093.jpg
c0023181_14564935.jpg

葉の特徴は、クズマメ風で艶が無く、三出葉の下一対の主脈より下が、上の三倍ほどある。
アジアにおいて広域種で、薬の原料としても栽培されたので、各地で逸出して野生化いる。

今回確認したMucuna を大きく分けて、白花系と紫花系に分けると、ラナウ東のサンダカン方面に流れ下る水系とタンブナンの南シナ海側へ流れくだる水系で花が確認された。
ラナウ東のをまとめると以下のようになった。
c0023181_1515667.jpg

c0023181_17182476.jpg

一方、ラナウから南下してタンブナンへ至る道すがらでは、同じく白花系が花期を迎えていた。
c0023181_17203733.jpg

c0023181_1721797.jpg

c0023181_17213870.jpg

莢はワニグチモダマに似るが、種子は赤茶系で黒の斑が入る。同一種かも知れない。

水系は変わってキナバル山からコタブル方面へ流れ、南シナ海へと至る地域。
           phot by nakaseko
c0023181_2237881.jpg

ボルネオの森は、棘、棘、棘の森だった。人を寄せ付けない藪だった。でも少しだけ分け入った。
植物の生きざまを垣間見た。どんなに高い木でも、どんなに長いツルでも一粒の種子から育つ。
その種子の長い旅を遡って、今、熱帯の森の壁の前に立つ。小さな私。
c0023181_22314482.jpg

誰かが橋を掛けた。その橋を今、私が渡る。ありがとう。
紫花系のMucuna
c0023181_2303638.jpg

c0023181_2311021.jpg

c0023181_2314514.jpg

今回、花が咲いていて、古い莢も付いていたが、種子は見当たらなかった。
この莢は、昨年10月に熟したものが落ちずに残ったのだろう。
N氏の2013,10,6の写真では毛の沢山着いた莢が写っている。
c0023181_1575342.jpg

c0023181_204811.jpg

花は見られなかったが、莢と種子が得られた。
c0023181_10451920.jpg

c0023181_10464952.jpg

c0023181_10485782.jpg

c0023181_10502771.jpg

ランプタンの村から谷間にある未舗装の道を車で遡った。やがて車の通れる道は途絶えた。
そこには、一家と来訪者が使うだけの小さな橋が掛けてあった。住まいの後ろにはクロッカー山脈がひかえ
人の手の入らない森が在った。私たちは。その家の前から引き返した。いつか、この橋を渡って訪ねてみたい
と思いながら・・・・・。
c0023181_4223238.jpg

c0023181_423310.jpg

今回の調査旅行でEntada borneensis に関しては、葉、花、莢、種子を入手でき同定することができた。
Mucuna では、M,pruriens は花期が12月頃の様であるが写真だけでも同定はほぼ間違えないだろう。
他には、白花系一種と紫花系一種の葉、花、莢、種子を確認できた。やがて資料と照合できる日がくるであろう。その他では、葉と莢、種子を得られたが花期ではなかった一種がある。
とにかく一度の調査旅行で、イノ・シカ・チョウをそろえるのは難しい。
以下には、N氏が撮影してくれた写真を参考に載せて、一時、幕を閉じたい。
c0023181_21482763.jpg

(これは、上出しの紫花系と同一かもしれないが確認の余地あり)
c0023181_2149642.jpg

いずれも写真によるデータは13,10,6である。
今回の旅では、N氏に並々ならぬ協力をいただいた。また、T氏、M氏からも貴重な情報をいただき、この場を
かりて御礼申し上げたい。

by modama | 2014-07-31 13:21 | Comments(2)
2014年 07月 29日

ボルネオ・モダマを追って旅するアジア6-4

c0023181_935715.jpg

c0023181_9353856.jpg

撮影・ロッジへ至る道よりキナバル山を望む。
c0023181_102117.jpg

モダマのE,rheedii が低地にもE,borneensis が少し上部から海抜800mぐらいまで分布することは、あらかじめ予想していた。しかし、無いことも確かめなければならないし、雲霧林滞(海抜1500~2000m)の植生も見てみたいと思っていた。何より、少し涼しい所に行きたいということで1500m付近にあるキナバル マウンテン ロッジを前もって予約しておいた。
ここは、キナバル山の登山道から少し離れた高台に在り、動植物の好きな人には快適な宿だ。午後から霧がたちこめ、夜になるとベランダに無数の昆虫が光を求めて集まる。
c0023181_949165.jpg

c0023181_9493414.jpg

コタキナバルから着いた当日、キナバル登山道周辺にあるトレイルを歩いてみた。時間がもう昼近かったのでガイド付きのトレッカーはおらず、めいめい山道を歩いて楽しんでいた。私も集団でガイドを伴って歩くよりも一人でゆっくり楽しみたいタイプだ。
c0023181_9552930.jpg

まるでヒマラヤを登るようにゆっくりゆっくり歩む。後ろに人が来れば道を譲る。ゆっくり歩くといろいろなものが見れる。
c0023181_9592863.jpg

c0023181_1042867.jpg

熱帯雨林の木々を眺め、鳥の囀りに包まれ、林床の落葉を踏みしめ、キノコや落ちている木の実を探す。動物の痕跡を感じる。そんな歩き方をしているといろいろな発見がある。
c0023181_1095670.jpg

「ドングリ見つけた」「ここにもあった」「何かの動物に齧られている」森の時間を過ごす。
その日、見つけた世界一大きなドングリ。
c0023181_10135163.jpg


by modama | 2014-07-29 10:16 | Comments(4)
2014年 07月 28日

ボルネオ・モダマを追って旅するアジア6-3

c0023181_8544668.jpg

撮影・コタキナバル市街地 オオミフクラギは街路樹にもなっている。
c0023181_8552838.jpg

撮影・コタキナバル市街地 実はミフクラギがパッションフルーツ状であるのに対し、ひとまわり大きくやや扁平
c0023181_856390.jpg

撮影・オオミフクラギ 漂着種子は日本でも見られるが、やや少ない。

c0023181_945829.jpg


撮影・コタキナバル




海へ行ったり山へ行ったりするかたわらコタキナバルの市街地も散策する。街は港と丘の間に沿うようにある。坂道を登ると見知らぬ木々や草花が目につく。コタブルやキナバル山から帰ると決まってぶらぶら歩く。
丘の上には幾つか住宅があるので、逸出した移入種もあるのかも知れない。山の中にだって何種ものパッションフルーツ(南米原産)が自生している。原生林以外は世界的な熱帯植物自生地と云っても過言ではない。
ある意味では沖縄だってそうだ。ハイビスカスは極普通にあるし、ブーゲンビリア、クロトンもポピュラーな植物だ。作物も果樹では熱帯果樹がどんどん移入栽培されている。昔から入っていたものでは、パパイヤ、グァバがある。ともに島パパイアとか島バンジロウなどと呼ばれているが、移入種に他ならない。
c0023181_1513630.jpg


モダマだって何時の日かボルネオにやって来た植物だ。それが数万年前か数百万年前かは分からないが、島に人が居なかった時代のことだろう。海流散布か陸路(スンダランド)をたどったかは定かでないが、南や西の方から来たらしい。そしてその足跡を探るために「モダマを追って」の旅をしている。
今回は、キナバル山北北西のコタブルを中心に海抜0mから1700mぐらいまでを、車で移動したり、歩いたりして分布地を確認した。もちろんモダマだけではなくMucuna も同様に探した。Entada は2種、Mucuna は6種程が見つかったが、Mucuna に関しては、葉、花、莢、種子のすべてを実見できたのは4種だった。Entada 2種は、E,rheedii とE,borneensis だが、両種とも葉、花、莢、種子が実見できた。
今回の調査では、ご当地在住のN氏に負うところが多い。さすが在住5年の経歴を持ち、日ごろ昆虫写真を
撮るため山野をくまなく歩き回っている人だった。改めて御礼申し上げる。
彼の車で移動中、新しく見つけた個体も多々ある。また、バスで移動中目撃して、後から車で現地に行って確認した個体もある。E,borneensis に関しては、当初、彼がタンブナンで見つけた(当初、ただのモダマとして認識していたのだが)1か所の他、今回、5か所と他1か所の情報を得た。株数にするとさらに増えるが、焼畑のため喪失しそうな場所もあった。現に1か所は、自生地横で伐採が行われていて、沢山のツルが無残にも切られていた。
分布地の調査をできるだけ早くやらないと、本来の自生地の姿が失われてしまう危険性を折に感じた。
c0023181_1522098.jpg

撮影・コタブル付近から見るキナバル山、コタブル近郊に自生するモダマはすべてE,rheedii であった。
c0023181_1519649.jpg

c0023181_15194868.jpg

c0023181_15431685.jpg

c0023181_1523833.jpg

この日、はじめてE,borneensis を見つけたのは、GPSによると海抜603mの高度だった。
N氏が「確かここにもモダマがあったな」と車をとめた。車を降りて近づいて見ると「・・・?」何か様子がおかしい。葉の色、形、そして花の雰囲気が、今まで見てきたE,rheedii とは違う。葉を採ってみると確かに円みを帯びている。「これ、E,borneensis ですよ!!」 すぐさま莢を探した。莢は一つしかなかったが、はじめて手にすることができた。コタブル二日目にして、あっけない発見だった。
c0023181_1601217.jpg

phot by nakaseko
c0023181_1691144.jpg



花穂は、葉柄の間から1本、明らかにE,rheedii より長い。葉は全体に丸みを帯びる。
ツルの一部を標本用として持ち帰る。

この日も、まだ、陽が傾きはじめた早々に引き揚げる。実際、熱帯での野外の作業は、これくらいが良い。
と勝手に思う。もちろん、この日も早々から祝杯を挙げ、夜遅くまで飲み明かしたのであった。
(もちろん、ツルを新聞紙の間に挟んでから・・・)


後日、私は海抜1500mほどのところにあるキナバル マウンテン ロッジに泊まって、キナバル山の周辺を歩いた。もちろんこの高度ではモダマは無いのだが、それを確認するのと他の植物を見たかった。
二日後、N氏がコタブルから車で迎えに来てくれた。彼がはじめにモダマを見たタンブナンへ行くためだ。
まずラナウへ行き、ポーリンでラフレシアの花が咲いていないか確認したら、一ヶ所開花しているというので、
それを見てからサンダカン側に流れ下る水系にMucuna を探しにいった。白(黄緑)系の花を咲かせた株には、莢も残っており、葉と共に採集した。ここのはワニグチモダマに似るが、葉に厚みがあり、種子は赤茶と黒の斑だった。(Mucuna に関しては後で話を進める)
そして、目的地タンブナンへ。はじめしたことは、辺りの土地所有者である方に「山へ入る」との承認を得ることだ。山は国立公園のように国が管理するか、個人(もしくは村)が所有しているので、勝手に入ることはできない。


c0023181_4563122.jpgc0023181_521479.jpg



























現地に行ってみると、N氏が浮かぬ顔をしている「おかしいな、以前、ここにあったのに」辺りを見回すが、
モダマの姿がない。藪をかきわけ森の中に入ってみると、急峻な崖になっていた。竹の株の脇から太いツルらしいものが斜面を這い登っている。これだなっと思い、よじ登ってみた。確かにモダマのツルだ。一方、道ではN氏が何か叫んでいる。
c0023181_5192498.jpg

phot by nakaseko
c0023181_5195010.jpg

c0023181_5201247.jpg

phot by nakaseko

藪から道にでてみるとN氏がカメラに望遠レンズを着けて覗いていた。
「あった、あった、あんなところに」
遥か40m程の樹冠の上だった。それは、とうてい採れないのであきらめ、道脇の茂みを探したら二つの分離節果が落ちていた。
海抜749m。これが二番目の自生地だった。
その日は、かつてN氏が借家していた地元有志の家に宿泊。
そんな時、コタキナバルに住むT氏から電話が入る。
「KKの夜市で馴染みの薬屋に聞いたところ、Moyogにあるそうだ」との情報だった。
T氏はN氏の知り合いでボルネオに数十年前から在住する人だ。
彼は、マレーシア語が話せる。間違いない情報だろう。タンブナンからコタキナバルへ向かう途中、クロッカー山脈を越えて、下る道筋にMoyogは在るので寄ってみた。そこでも見つけることができた。(海抜200m)
その後、私がコタキナバルからキナバル マウンテン ロッジに向かう途中、バスの中から目撃したひと株を
確認し、(海抜677m)さらに後、Melangkap の村でも(海抜261m)確認した。
c0023181_62367.jpg

Melangkapの村では、ソルクーさんがモダマ自生地へ案内してくれた。彼の話ではこの辺りにE,rheedii とE,borneensis の二種があり、雄のモダマ、雌のモダマと呼んでいるそうだ。この発想は良く分かる。日本でも竹に男竹、女竹という呼称がある。男竹は真竹のこと、女竹は篠笛や煙管、竹細工などに使われる竹をさす。見た目や使用目的で日常的に分類しているのであろう。

by modama | 2014-07-28 09:42 | Comments(2)
2014年 07月 27日

ボルネオ・モダマを追って旅するアジア6-2

c0023181_926068.jpg
c0023181_9294966.jpg

撮影・キナバル マウンテン ロッジ 石垣島にも自生するニトベギクに似た花
c0023181_9313832.jpg

撮影・キナバル マウンテン ロッジ 西表島で見られるナリヤランに似た植物
c0023181_11191250.jpg

撮影・キナバル マウンテン ロッジ 与那国島、石垣島などに自生するトキホコリに似た植物

海外で自分の暮らす地域に自生する植物に似た植物を目にすると「世界は繋がっている」と不思議な安堵を
感じる。この他にもトキホコリ、ノボタンなどが1000m付近で見られた。低地に行けばミミモチシダ、マングロープの仲間のマヤプシキなど石垣島では数少ない植物が普通に自生している。さらに海岸林では、クサトベラ、イソフジ、クロヨナ、アダン、サキシマスオウ、シロツブ、ハテルマギリなどが自生し、そんな海辺にいると石垣島にいるような錯覚すら覚える。
一方、サンキライの葉を30cmぐらいにした似て非なる巨大植物もある。着生ランは海岸の近くまであり、1000mを超えた中山滞にはウツボカズラなどの食虫植物がごろごろしている。森の林床にはラフレシアの花も咲き、亜熱帯の石垣島では見られない熱帯の植物群がある。ボルネオは奥が深い。
c0023181_9554620.jpg

撮影・ポーリン 時期的に開花が少ないようだったが、ここでは小さめの花が咲いていた。

海外へ旅するにあたって、数か月前から現地の情報収集をはじめる。もちろん入国に関することやお国の事情、飛行機のチケットや宿の有無、手配などは当然として、地史や植生、はたまた現地の地況をできるだけ把握くしておく。地図を眺め、グーグルアースで上空を飛ぶ。どの辺りに行けば目的が叶うか、といっても目的はひとつだけではないので、地域の総合的な繋がも考える。
まずはビーチコーミングする海辺の地形、流れ込む河川、水系の範囲といった具合だ。

私が考えたプランでは、コタブルの街に近い20kmにもおよぶ砂浜とその両端に流れ込む二本の河、その水系はキナバル山の北北西の麓の水を集めている。この水系を辿ることでモダマの流れが掴め、運よければEntada borneensis にも出会えるのではないかと考えた。
一方、N氏とのメールのやりとりで、彼がE,borneensis (当時、彼自身モダマは専門外なので単にあのモダマ)を採集したのはタンブーナンで、場所はクロッカー山脈の東に当たり、コタブルとは離れた場所であることを知らされた。
しかし、なんと彼が現在住んでいるのはコタブルの街から10km程離れた村で、まさしく私が対象としていた地域なのであった。いろいろ悩んだが「この水系にもE,borneensis はある」と決断した。
もし、無ければ、半分の日程でサラワクへ飛び、ミリからムル国立公園に入る計画も予備に組んだ。
メールのやりとりの末、7月6日にコタブルの街でN氏と会うことになった。
この日は、コタブルで週に一度の市の立つ日でもある。
これまでの海外では、まずはじめに市や薬屋でモダマを探し、地元での呼び名を聞き出すことからはじめている。しかし、薬屋は絶対に産地を明かさない。ここでは、とりあえず5個の種子を買い、早々に引き揚げた。
彼女らは、それほど遠くから仕入れるはずもなく、かならず近在の山村には自生地があるのだとの感触だけで十分だった。
c0023181_115973.jpg
phot by nakaseko コタブルの市場にて






午後からペンタイ エマスの浜へ出かけた。ここは日本の海岸のように砂浜の背後地に海岸林が無い。
はじめは漂着種子が少なかったが、南の川に近づくにしたがい、モダマとジオクレアの数が増えた。
はじめのうちは、こまめに拾っていたが、そのうち数が多くなり「もおいいか、状況だけ把握しよう」てなことで、
いいかげんになり、珍しい物だけを集めた。もし、そのままモダマを拾い続けたらリックに一杯ぐらいになり、 翌日からは採集が出来なくなる。傾向としては、河川に近づくほど、漂着物(流木なども含めた)が多くなり、
種子類も同じ傾向にある。これは、河川によるローカルドリフトを物語っている。
c0023181_1424355.jpg

c0023181_14291050.jpg

その証拠としては、後日、北の河川近くの浜を歩いた時も同様で、20km続く中ほどは少ない。
モダマの最大頻度数は、平均すると1mに1個くらいであった。こんな浜では、5m幅を見ながら10mも歩けば、50個になってしまう。
そしてモダマの種は、E,rheedii ばかりで、1個だけ古いE,bolneensis があった。
E,borneensis 種子は、基本的に水に浮かないので当然のことであろう。

これらのローカルドリフトした種子たちが、砂に埋もれたり、時化の際、波にさらわれて再び海に流れ出て、
なかには外洋へと流出するのであろう。
この海岸から50m程離れて並走する道脇の林には、莢を着けたモダマも自生していた。シロツブはいたるところに繁茂していた。
c0023181_1445254.jpg

c0023181_23123488.jpg

phot by nakaseko

初日で、めざした水系にモダマが多く自生していることの目安がついた。
まだ、陽がさほど傾かないうちにN氏の家に行き水を浴びた。
後はすることがひとつ、祝杯をあげることだ。
石垣島から持参した「久米島の古酒」とN氏が用意しておいてくれた地酒、これを飲むのにはちょっとした準備が必要で、まず、細い竹を節の間で切って、先端横に溝を掘り小孔をふたつ空ける。これをストローにして吸う。酒は白米に麹を混ぜて発酵させたもので、それに同量の水を後から入れて飲む。
味はまさにドブロクである。ほとんど私一人で飲んでしまった。すみません。
話がつきずだいぶふけてから寝た。
翌朝、彼が用意してくれた朝食に感激、何と、シジミの味噌汁、白菜の漬物、らっきょの漬物、小アジの干物、
まさに日本食であった。
c0023181_14583374.jpg

phot by nakaseko 借家であるN氏のベランダに隣の大家さんが飼うニワトリが卵を産みに来る。

by modama | 2014-07-27 10:11 | Comments(4)
2014年 07月 26日

ボルネオ・モダマを追って旅するアジア6-1

c0023181_1165411.jpg

キナバル マウンテン ロッジ付近で撮影

今回の「モダマを追って旅するアジア」は、Entada borneensis を探すボルネオへの旅だった。
この種は、古い標本として「FLORA OF BRITISH NORTH BORNEO」として存在するが、
詳しい報告は無く、DNA による系統関係も調べられていない。
ボルネオの特産種であるが、島内における分布地の詳細も分かっていない。
事前に情報を集めたが、サラワクのムルやサバのパパール山岳部にあるらしいことだけがわかった。
そんな時、日南の八木さんから「ボルネオのモダマをあげます」と云って送られてきた種子を見てびっくりした。
まさに探していたE,borneensis の種子だった。
その出所を尋ねたところ、ボルネオ在住のカメラマンN氏であることが分かった。
彼とコンタクトを取り、訪ねることを決意した。
c0023181_11361297.jpg
c0023181_11363328.jpg
c0023181_11365416.jpg

ブルネイの国花にもなっているSIMPOH の花、ボルネオの海岸から山中までいたる所で見られる。

コタキナバルに到着したのは7月3日、何処の国へ行っても同じだが、はじめ降り立った都市では数日滞在して、
国の雰囲気に慣れる、市場の様子を見て、買い物をしてお金の単価の実感をする。
いきなり遠出をせず、近場から歩き始める。
そんなことをして街暮らしをしているうちに気候にも慣れる。
はじめに出かけたのは、コタキナバル近海にある小さな島だった。
c0023181_14131124.jpg

c0023181_11544584.jpg
c0023181_11551972.jpg

poth by Nakaseko

コタキナバルのハーバーから民間の乗るボートで出かけたのはガヤ島、街とは数キロの距離しか離れていない。
この島々はTunku Adbul Rahman Park に指定されているが、ガヤ島だけには海上生活者の住居区がある。
それ以外は、リゾート地区と保護区。まずは海上生活者の地域に訪れた。
c0023181_13301690.jpg

渡しのボートは、30円以下だったと思う。観光客はツアー会社のチケットを買ってビーチや桟橋に上陸すると
1000数百円と公園入場料がとられる。
c0023181_13304780.jpg

桟橋から上陸して集落に入る。
c0023181_1339188.jpg

上陸してまもなく「うわ~」と声を上げてしまった。ここはまさに生活の場であり、現実なのだ。
漂着ゴミの溜まり場だった。
c0023181_13435827.jpg

小高い峠を越えると反対側の海辺に学校があった。学校も水上家屋だ。施設は充実しているようだった。
しかし、すべての子供が学校へ通っているわけではなく、村々を歩いていると子供たちがバレーボールや
サッカーをしていた。この海上集落とジャングルを隔てた島の西部がリゾート区域になっている。
リゾート区域への道は無い。また、一般のボートもリゾートの桟橋へ着けることはできない。
c0023181_1354222.jpg

c0023181_13552854.jpg

別の日には、さらに小さなサピ島とマヌカン島へ渡った。これらの島には住人はおらず、
ツアー会社のチケットを買って、公園入場料を払って上陸する。
私は海浜施設には興味がなく、トレイルを登ってジャングルに入った。
サピ島ではじめて目にしたものは、これまで東南アジアの国々で見たフタバガキの種子よりも一段と大きな
種子だった。きっと世界一大きなフタバガキの種子だろう。
c0023181_1474578.jpg

トレイルの斜面が緩やかになった尾根筋でガサガサと云う物音がした。
何だろうと目を凝らして見るとオオトカゲが逃げて行く姿だった。とてもじゃないが写真に収める暇がない。
三匹ほどやり過ごすと、道の脇に居たものとバッタリ出くわしてしまった。
相手もどうして良いものか戸惑っていたので、静かに座って自分の動きを止めた。
「こんにちは、何もしないからね。写真だけ撮らせてね」ゆっくり、ゆっくりカメラを向けた。
1,5m程の距離からじっくりオオトカゲを見ると、その爪の大きさにドッキリした。
あんなものでひっ掻かれたら、ひどい傷をおうだろう。何だか獣臭さも漂ってきた。
10回程シャッターを切ったら、舌を出してこちらを見るので、もう限度だなと退散した。
c0023181_14261861.jpg

c0023181_1422161.jpg

また別の日には、マヌカン島へも行った。
同様、海水浴施設には目もくれず、トレイルを登った。しかし、ここの森は棘の多いヤシばかしで、
植生が乏しい。小さな島だからいたしかたないが、見るべき物が無い森を歩いていると暑さで眩暈がしてくる。
しばらくして島の反対側の海岸に着いた。波打ち際の岩場にヒルギが生えていた。
石垣島では、ヒルギ類は汽水域の泥湿地に生えているが、ここは、もろに海水の影響を受けている。
これから先は、海岸に沿って歩くことにした。
c0023181_1510322.jpg

c0023181_2311246.jpg

c0023181_15102664.jpg

岩場は砂岩からできていて、西表島の南海岸を歩いているようだった。
岩場と岩場の間に小さな砂浜があり、ビーチコーミングをした。はじめに目についたのは何者かの足跡で、
西表島ではせいぜいヤシガニの足跡か、海から上がって来た亀のものが最大級だが、ちょっと様子が違う。
すると陸側の茂みをガサガサと逃げて行く気配がする。海辺に下りてきたオオトカゲだった。
c0023181_1525555.jpg

「おっ、何だこれ・・・?」砂に半ば埋まった球形の大きな実があった。
まるでマリオに出てくる爆弾のようだ。「もしかして・・・かも」きっとグループに分かれた爆薬が入っているに違いない。岩に叩きつけてみた。
c0023181_15332790.jpg

c0023181_15335298.jpg

c0023181_1534169.jpg

この破片が日本の海岸にも漂着するホウガンヒルギだった。

by modama | 2014-07-26 11:57 | Comments(2)