石垣島便り

modama.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 19日

タシロマメが小さな莢をつけた

屋根の上の観察は続いている。
今では、梯子も常備されいつでも登ることができる。
しかし、午前中か夜でないと屋根の上は暑くて耐えられない。
照り返しの陽射しで、すぐ焼き豚状態になる。

今はE,parvifolia の花以外にタシロマメとゴバンノアシが咲いている。
昨日はタシロマメの子房を写真に撮った。
少しの風でも被写体が動くので、三脚にセットしたカメラのファインダーを長い間覗いていなければならない。
すると、足下から熱が攻めあがって来る。
c0023181_12403739.jpg
c0023181_12411608.jpg
タシロマメの花の子房も発達していないものが多くある。
なかには花序全部が不稔なものもある。
大嵩集落下の川平湾近くの自生地でも、莢の着かない年があるので、石垣島ではこれが通常なのだろう。
種子も外国産と思われる漂着種子より小型のものが多い。
海流散布のように長距離散布された個体は、行き着いた先の環境がもともとの環境とは大きく異なることがあるので、
適応していくには、長い時間も必要だし、結果として変異したり、適応しきれずに消滅したりするのだろう。
これらのことから多様性が生じる場合もある。

最近は、これらの事をDNAの解析で調べるのが流行っている。
それもそうだ、長い時間をかけて観察していたのでは、大学在学中に論文を仕上げることができない。
手っ取り早く結果がだせるのは魅力だろう。
でも、研究が偏らないかとちょっと心配もある。

自分の研究発表した植物の全体像を知らない人もいる。
他の人から譲り受けたサンプルの乾燥した葉っぱ一枚だけしか見たことが無く、立派な論文を書いたりする。
まあ、行ったことの無い星を詳細に論ずるのと同じことかな。
でも、ちょっと寂しい。

# by modama | 2015-07-19 13:08
2015年 07月 18日

クマバチの飛翔

先日、バリ島在住の Iさんから素晴らしいイラスト・レターが届いた。
自宅の庭に作っている Sea Bean Botanical Garden のハスノミカズラに訪花するハチたちの便りだ。
クマバチ、コシブトハナバチ、ハキリバチなどの美しいイラストがふんだんに描かれている。

それを読んでいてクマバチやアオスジコシブトハナバチやハキリバチのことを思い出した。
我が家でも沢山のエピソードがある。

ズングリムックリした体形のクマバチは、以前、航空力学的に飛翔力を説明できなかったらしいが、
自然の生き物は人の「科学」を凌いでいる。
飛べないどころか、クマバチの飛翔ほど「すごい !!」と目を見張らせるものはない。
石垣島では、ちょうどセンダンの花の咲く頃だから、3月のことだと記憶する。
明け方の自宅庭の空をUFのように飛翔する「物体・・・?」を目撃した。
もの凄いスピードで通過しては、しばらくすると別の方向からまた、通過する。
正体を見届けようと工房の屋根に登って、口をあけながらしばらく上空を眺めていた。
早朝から、さぞかし無様な姿だったろうと想像する。
正体はクマバチであることが分かった。
それにしてもそのスピードたるやもの凄い。

朝の一時だけの行動であるが、時期からして春のデモンストレーションだと思う。

c0023181_05473646.jpg
写真は、秋に咲くフヨウの花に訪花した姿。
あの小さな羽根で太っちょの体を猛スピードで飛ばすのだからスゴイ。

ハキリバチは、とても苦い(いや、甘いなのかも知れない)体験がある。
普段、着るものにこだわりの無い私であるが米空軍の革ジャンを持っていて、風の強い冬の一時だけ着ることがあった。
その年は、冬が終わっても壁に掛けたままでおいたら、春になって部屋の入り口からハキリバチが出入りしているのに気づき、
ハチの行き先を目で追うと革ジャンだった。
「あんな所で何しているのだろう」と吊るしてある革ジャンを開いてみるとビックリ!!
裏地が合わさって、その間に木の葉と蜜と花粉がべっとり溜め込まれていた。
イッチョラの革ジャンでハチに巣を作られてしまった。



# by modama | 2015-07-18 06:06
2015年 07月 07日

晴れ 時々 曇り そして雨

石垣島はまだ風は強くないが、天気がめまぐるしく変わる。
やはり、接近中の台風の影響が上空ではあるようだ。
晴れ間に工房の屋根の上に登ってE,phaseoloides の花を観察した。
こちらも空咲きのようで雌蕊が見られない。
花粉は出ているし、強い香りも放っている。
アブの仲間やイシガキシロテンハナムグリが訪花していた。
このハナムグリ、6月上旬に成虫が発生して、しばらくは発生地周辺の開けた場所の地上1mぐらいの高さを飛び回る。
そして、後から出現するメスと交尾すると発生地周辺から分散して、あまり見られなくなる。
今回のように樹上の花などに集まるのだろう。

c0023181_21034566.jpg

c0023181_21044912.jpg
樹上の花は普段詳しく観察する機会がない。
そこで、昆虫採集などでは長竿のネットで花をスイーピングしたりする。
「採れる」ことで、居ることを確認する。
しかし、静かに生態を観察しようとするとツリータワーやウォークウエイを樹冠近くに設置して観察しなければならない。
そんな大掛かりな設備は、たいそうなお金がかかる。
その点、我が家では屋根に登ればよい。

訪花する昆虫だけでなく、花も観察したがどれも雌蕊が見当たらない。

そこで、昨年7月にボルネオから帰ってから撮った花の写真を探した。
2014年7月30日に撮った花の写真が見つかった。
それには赤い子房が写っている。

c0023181_21111845.jpg

c0023181_21115904.jpg
我が家のヒメモダマE,phaseoloides は、ほぼ一年中花を着けている。
しかし、子房が発達する時期としない時期があるようだ。
そして、昨年の7月30日と今年の7月7日では異なるということは単に「時期」ではないのだろうか。
もう少し待ってから見てみるか・・・それにしても・・・台風は・・・。




# by modama | 2015-07-07 21:18
2015年 07月 06日

深夜、気象図を眺めて・・・

南シナ海と南太平洋に台風10号、9号、11号が並んで北上の気配を示している。
まるで石垣島はハイエナに包囲されているようで怖い。
じわじわ近づいて来る。この「待つ」間は、幾度体験しても嫌なものだ。

数日前までの石垣島は、毎日強い夏至南風が吹いていた。それが、三日前からビタリと止んだ。
今、部屋の外では、コノハズクの鳴き声しか聞こえず、大気は息を呑むように静まりかえっている。

すぐ下(南)にある台風10号は勢力が弱いもののスピードが遅く、9号の訪れを待っているかのようだ。
どちらかというと、この9号が発達しながら接近しそうで注意が必要。

屋根の上で花を咲かせているEntada parvifolia は、今年も空咲きのようで花に雌蕊が見られない。
もう少しじっくり観察をしたいのに、困ったものだ。
フィールドワークをしている者には、こんな焦燥感が常に付きまとう。

「風の下の国」ならば良いのに・・・


# by modama | 2015-07-06 01:19
2015年 06月 29日

Entada parvifolia 羽状複葉の光受容

マメ科ネムノキ亜科の木々が夜になると葉を閉じたり、接触に反応して葉を閉じることは知られている。
同じくネムノキ亜科に属するモダマ類も葉の開閉や角度で受光を調整している。

今日は、午前中、屋根に登ってE,reticulata の花と葉の写真を撮った。

花序は下から開花し、三日かけて全開となった。写真右の花序は下三分の一がすでに散り、昨日開花した部分と今日開花したものが見られる。
左側の花序は、今日から咲きはじめたものである。

c0023181_10154571.jpg
葉は午前中の陽光を受ける東向きのものは、やや閉じている。南向きで他の枝で陰になった部位の葉は全開している。


c0023181_10184766.jpg
c0023181_10192903.jpg
これらの受光調整は、葉の構成、小葉の数などと生育環境と密接な関係を持つ。
本来、サバンナ気候地帯で潅木であったモダマ属は、小葉の数が多い。アジアにおける小型ツル性のモダマ類もその形質を受け継いでいる。
一方、森林に自生する大型モダマ類は、小葉の数を減らして一枚一枚が大型化している。
巨大なツルは、樹冠に到達するまでと、樹冠に到達してマント状に広がり陽部と陰部を支配する過程で、
あのような形質を獲得したのではないかと思われる。

強い陽光に一日中照らされるサバンナ気候帯では、一枚一枚の小葉を小さくして数を増やすことで受光の微調整をしていると考えられる。

屋根の上からの我が家の庭の風景。左側の大きな葉はゴバンノアシ、右側のイヌマキの上を覆うのはEntada tonkinensis ,
奥にはヤエヤマヤシが花穂を着けている。

c0023181_10442442.jpg
追伸、夜になって梯子を登り屋根の上にあがり、こっそり、モダマの葉の様子を眺めた。「Closed」という札が掛かっていて
「今日の光合成はお仕舞いです」と追記されていた。葉をピシャッと閉じ寝ているようだった。


c0023181_23134747.jpg
c0023181_23143765.jpg
屋根の上からは旧14日の月が見れた。海ではオカカニが産卵する季節だろう。



# by modama | 2015-06-29 10:45
2015年 06月 27日

Entada parvifolia 漂着種子発芽から

以前、漂着物学会の会員や奄美大島で海マメをやっておられた方たちと、チビモダマで随分意見の交換をした。
発芽はするものの、その後の生育が悪く枯れてしまう。なかなか種の決定ができなかった。
今となっては、多くの知見が集まりフィリピンに分布するEntada parvifolia であることに間違えない。
当時、発芽して間もない苗の葉先に白い突起があることに気づきはしたものの、モダマ属の実生葉は2年ほどしないと形が安定しないため
特徴を示す形態かどうか決めかねていた。
現在では、アジアに分布する三種の小型モダマ属すべての全容が分かったので、「やはり、あの時の判断でよかったのだ」と言える。
それまでに随分長い年月がかかった。

c0023181_08345044.jpg

c0023181_08355314.jpg
植物を調べる方法としてハーバリュームなどで標本を見るのもひとつの方法だが、乾燥した植物では判断できない部分がある。
また、マメ科植物は、乾燥すると葉が落ちやすい欠点がある。なかなか良い標本が残っていない。
最近は、写真がデジタル化して容易に撮影、再生ができるようになった。それに、コピーやスキャンも比較的普及したので、
旅先でも利用できるようになった。
かつて博物館の暗い収蔵庫で、威厳と神秘に包まれていた幻の植物も、WEBで画像が公開されるようになったことは喜ばしいが、
一抹の寂しさもある。
(などと感じつつ、画像を載せているバカがいる)


# by modama | 2015-06-27 08:36
2015年 06月 26日

Entada parvifolia 開花、昨年に続いて

c0023181_18084166.jpg

今から5年ほど前、西表島の鹿川でキャンプしながらビーチコーミングをしていて、この種の漂着種子を拾った。
その時、蒔いた種子が発芽して順調に育ち、昨年の10月、はじめての花を咲かせた。
しかし、はじめの年でもあり、開花季節が秋なので結実は無理だろうと予想していた。
案の定、花が散った後、実は着かなかった。残念なことに拍車を掛けるように、工房の工事の時、電話線を這っていたツルを切られてしまった。
今年、5月になってツルに葉が展開しはじめても勢いが無く、心配していたら、プレハブの裏の方に廻って伸びていた別のツルが元気に育ち、
ショウベンノキ(この名前は、正式な和名です)の上を覆っているのが屋根の上に見えた。
そして、蕾を着けたので期待していたら、今日、花が咲いたのが見られた。
梯子を掛けて屋根に登ってみたら、蕾の着いた花序は50ぐらいあり、すでに物陰で二つが咲き終わった後だった。
朝から、早速、写真を撮り、花序と葉のスキャンをした。


c0023181_18094385.jpg
c0023181_18103271.jpg

今年は、莢を着けて欲しい。ブスアンガ島で莢の写真は撮ったが、高い所で足場が悪く良い写真ではない。
是非、莢の写真を撮って、標本として残したい。
大きな台風が石垣島を直撃しないように祈るばかりだ。毎年、同じような事を書いている。


# by modama | 2015-06-26 18:11
2015年 06月 24日

日本産 Entada phaseoloides の花色について 

はじめに
Entada モダマ属の種における花色の違いを示した報文としては、「Entada reticulata Gagnep.(Leguminosae-Mimosoideae),
Newly Recorded for Thailand」Wongsatit Chuakul &Ivan C,Nielsen, THAIFOR BULL(BOl) 26:18-24.1998 があり、
緑色の花を咲かす個体と赤い花を咲かす個体とが写真入りで紹介されている。
日本においては、沖縄島、八重山諸島に分布するEntada phaseoloides の花色についての詳しい報告がないので、ここに紹介したい。

E,phaseoloides ヒメモダマは、日本において沖縄島、石垣島、西表島、小浜島、与那国島 に分布する。これまで学名、和名の混乱によって
花色の説明においても曖昧さがあった。一般的には緑色とされていたが、「沖縄植物野外活用図鑑」多和田真淳著 1979 には、1976年
6月、国頭村撮影の赤い花の写真が掲載されている。これらの資料や八重山における野外での観察で、緑の花と赤い花があることは知られて
いた。その後、筆者の観察によるとがくと花弁が緑のタイプ、がくが赤で花弁が緑のタイプ、がくと花弁が赤のタイプが確認できたので報告する。

c0023181_17304866.gif
写真A,は、筆者が2005年に石垣島仲筋の自生種から種子を採集し発芽させ育生させた個体である。自宅庭で現在、ツル廻り48cm,長さ約
30m(敷地外に延びたツルは剪定している)まで成長して、3年程前より莢も実らせている。その一株のツルにA-1とA-2の花が咲いていた。
写真B,は、石垣島大嵩に自生している個体で、20年程前から野外観察しているものである。2015年6月22日に採集した花穂では、B-1と
B-2とが咲いていた。
これらの結果から、日本産E,phaseoloides においては、同じ個体においても異なる色の花を咲かせることが分かった。

今後、Entada属の花色については、詳細に検討する必要を感じた。



c0023181_21504222.jpg
c0023181_21520800.jpg


c0023181_21533115.jpg
c0023181_21541777.jpg
上四枚の写真は、緑から赤までの花を示した。がくの赤い花は花弁にも多少赤が現れたりしている。

c0023181_22042450.jpg
上写真は、石垣島仲筋の株、蕾の段階で緑と赤が見られる。したがって、開花から散るまでの時間経過での花色の変化ではない。


# by modama | 2015-06-24 17:52
2015年 06月 23日

石垣島のEntada phaseoloides 、今年は・・・

石垣島バンナ公園のモダマは、多くの莢を着けていると聞く。我が家の裏山のモダマはどうだろうかとジンの散歩がてら、今日、見に行った。
その前に、自家簡易水道の補修のため同じ水系を歩いて見たかぎりでは結実は少なかった。ところが、今日見に行った株は沢山の莢をつけていた。
良く見るとみんな結実していない。ようするに莢は育っているが種子が実っていない。
例えば、殻つき南京豆を割ったら、実(種子)が無かった、あるいは枝豆を食べたらショッパイ水だけだった、と同じ状態だ。
こんな年(結実の話)が時々ある。
花は咲いても莢にならない年、莢が育っても種子が実らない年がある。
これらの現象は、島全体での出来事では無く、狭い地域、あるいは個体による。だから、その年、あるいは前年の気候によるものではない。

枝豆や南京豆では、これらのリスクが無くなるように品種改良が人の手によって行われてきた。しかし、自然の状態では極当たり前の出来事である。
タイのコンビニで中国産の殻着きピーナッツを買って宿で食べたら、ひどい状態だった。話が逸れ過ぎた。

ようするに、自然の状態では実(種子)の着き具合、形態などに「多様性」がある。
人にとって何の役にも立たないモダマ(自然のマメ)を観察していると、この多様性に翻弄される。
しかし、自然界で生き続けるためには、この多様性が大事なのであろう。

(酔っぱらいのたわごとになってしまった)


c0023181_18043836.jpg
みんなペラペラな莢に見えるでしょう。





# by modama | 2015-06-23 18:05
2015年 06月 21日

モダマを追って旅するアジア 8-7, メコンの小島で再会

今回の旅はタイの空港に基点を置いて、タイ北部、ラオス、カンボジアと廻った。沖縄~バンコクの往復航空券を買って、その期間内では自由にコースや日程を変更できるようにした。その旅も終わりに近づきプノンペンに居る。Kompong Speu でE,glandulosa の開花期にも立ち会えたし、後半の目的はほぼ達成できた。
カンボジアに入国したのは今回が四度目で、はじめは2010年だった。北はラオス国境から南はベトナムに近いTakeo 、西はアンコールの北の村、東はRattanakiri などに行った。5年間ではあるがカンボジアの変化も少しは感じた。といってもめまぐるしく変わるのは都市部のプノンペンだけで、北部は森林伐採などマイナスな変化しかない。それもラオス~ストゥントゥレン間の国道7号線は、当初綺麗だったが今では最悪の道になってしまった。いわゆる手抜き工事なのだろう。森林資源を運び出せば後はどおでも良いのか知らないが、修復がされていない。その間の人々の生活ぶりを見ても、森林から畑に変えて家を建てた人は僅かで、樹木を切って製材し、自分の家を建てるつもりが生活のために売り払ってしまい、今だ開拓小屋に住んでいる人も多い。中には原野になって売られた土地もある。
一方、国道4号線沿いの広大な土地の畑が、中華系資本の工場用地として売られている。アジアの工場地帯は中国から東南アジアへ移行している。まあ、これは通りすがりの旅人の感想にすぎない。

さて、残りの一日を何処へ行こうか。プノンペンで一番近い所にあるかも知れないモダマ探しと、以前、布を買ったおばちゃんと娘がどうしているか会いにダック島へでも行こう。そお思い立ってバイクタクシーを一日チャーターした。

c0023181_14284706.jpg
ダック島へ渡るフェリー、以前より便数が増えすぐに出航した。

c0023181_14305785.jpg
メコン河は水位が低いため水が綺麗だ。やがて雨季の終わり頃になると土砂を含んだ茶色い流になる。見かけない住居船がこの辺りに増えた。カ日友好橋東岸の河岸にあったスラムが無くなったので、水上生活に変えたのだろうか。島に渡る途中、プノンペン方向をみると高層ビルが見える。首都とは僅かな距離しか離れていない。
島にフェリーが着岸するとオートバイは一斉に上陸してめいめいの方向へ散っていく。私たちは島の北側へ向かった。未舗装の道両側には高床式の民家があって機織りをしている女性たちの姿が見られる。四年前にこの島に来た時、私たちの乗ったオートバイを追いかけてきたおばさんに出会った。オートバイの座席前に大きなビニール袋を置き、股で挟んでハンドルを握っていた。後部座席には少女が乗っていて
おばさんと共に声を掛けてきた。運転手が「布屋だよ」と教えてくれたので、止めさせると、おばさんは私たちを近くの民家に誘導した。そこでビニール袋の中に入った布を広げて見せた。中から一枚を買って「他のも見たい」と言うと別の家に案内した。そこでも布を買ったが彼女らは織手では無く、売り子だった。ただ専門の売り子でもないようだった。今どうしているのだろうか。
今回は村なかを走っていても物売りは追ってこない。そこで、島の中央にあるお寺のそばの林を歩くことにした。運転手は木陰で休ませておいて歩いた。
c0023181_15122764.jpg
c0023181_15132719.jpg
道脇の藪でトウアズキを見つけた。種子が赤と黒のツートンカラーで美しいマメだ。

c0023181_15154995.jpg
また、このマメはいろいろな場所で見る雑草なのだが、莢が熟して節果が落ちる時期だったので写真を撮った。モダマと同じような構造をしている。枠だけが残り、節果が落ちる。


c0023181_15262327.jpg

c0023181_15272005.jpg
林の中ではアリを採るオジサンと出会った。竹竿の先に着けた笊で樹上のアリの巣を採るのだが、アリは竹竿を伝わってどんどん下りてくる。オジサンの体にも沢山のアリがたかっていた。後で人に聞いたらアリをスープにするらしい。


c0023181_01041824.jpg

c0023181_15323369.jpg
林をぬけたところにあった学校にて。

休憩していた運転手と合流して、さらに島の北の方へいってみた。途中、分かれ道があって小さな店の前に五人程の女性が居たので、モダマの情報を聞こうとオートバイを止めた。女性たちに声を掛けようとしたら、うちの一人と目が合った。「あっ~、おばちゃん」・・・
「でしょう」と付け加えた。その女性も私のことを覚えている様子だった。満面に笑みを浮かべている(もともと、丸顔でほがらかなおばさんなのだが)。私はリックの中にあるモダマ資料の中から一枚の写真を取り出して見比べた。やはり間違いない。女性たちにその写真を見せると、みんな大笑いしておばちゃんを指差した。

(ここから先は、日本語も英語も話せなくて、英語の数字とドルだけを知っているおばちゃんとの会話・・・私も何語で話したか記憶がない)
「おばちゃんから4年前布を買ったの覚えている。小さな子も一緒だったよね。元気にしている。家はこの近くなの」おばちゃん「家はこのすぐ奥さ。家に寄っていくか。子供も元気にしているよ。さぁさ、おいで・・・」路地を歩きながら「おばさん、まだ、布持っているの。あったらお土産に買って帰るよ」おばさん「まだ、残っているよ」一軒の小屋に着く、おばちゃん、何やら奥へ大声を発する。そして自分は別の部屋からビニール袋を持ってくる。大きさは三分の一ぐらいになっているが、袋は前のとまったく同じ・・・ような気がする。
奥から娘さんが出てくる。いや、あの時の少女を大きくした、おばさんそっくりの女性。娘も布を広げて勧める。「これは色が悪いな。もっと落ち着いた色のやつ無いかな」「像の柄のも一枚欲しいな」、結局、三枚選び出して、一番大きな布に「これ幾ら」と質問した、おばさん「20ドル」(四年前とまったく同じ値段だ)「うぅぅん・・・」ちょっと渋って見せる。「それじゃ、これら三枚で40ドル」今度は、
おばちゃんが渋る。「45ドル」と決めにきた。「いや、いや、40ドル」と譲らない。「これが20ドル、これが15ドル、これが5ドル」と
具体的に落としにかかる。おばちゃん、うぅぅん、としばらく考えて「40でいいよ」と手を打つ。40ドルを払うと紙幣をポケットにしまって、私が買ったものをビニール袋に入れる。「ほれ、これも良いだろう」と絹のショールを見せる。「それより、こっちの方がいいな」と言うとそれをビニール袋に入れてくれる。「ショールは買わないよ」と言うと「いいよ」だって、それから「これは奥さんへ」ともう一枚入れてくれる。脇で一部始終を見ていた運転手に「これ、どうか」と綿のクロマーを渡す。運転手「ほんとにくれるの・・・」嬉しそうに
首に巻く。〆て6枚の布がおばちゃんのビニール袋から減った。

親子に別れを告げてオートバイで桟橋の所まで来た時、「あっ、おばちゃんたちの写真を撮ってない」ことに気づいた。





# by modama | 2015-06-21 12:00